暴飲暴食すれば短期間で太れる…でもこんな病気に注意

僕は現在26歳の男性です。
僕が21歳の時、仕事のストレスが一番濃密な時期が存在していたので「暴飲暴食」毎日行っていた時期がありました。

甘いカクテルをお腹がダルダルになるまで飲んだり、フライドチキンやスナック菓子、甘いお菓子を異常なほどストレス解消目的も踏まえて食べていたのです。
仕事で忙しい僕は運動を行う時間も存在せず、職場でしこたまストレスをため込んでは自宅でこれら効果カロリーな食品をバカ食いしていたのです。

短期間で体重を増やすベストな方法

短期間で体重を増やすというのはまさに暴飲暴食を行うという事です。
僕も場合は苦しみから逃れたい一身での行為だったのですが、短期間で太る方法としてはこの方法がまさしくベストだと思いますしすぐに太る方法だと思うのです。

短期間で体重を増やすこの方法は食が細い人にはいばらの道を歩むことにもなりかねますし、いつもは行わない不慣れな事をしたせいで体調を崩す事にも繋がりかねません。
この方法は沢山食べることに体が慣れており、毎食3食必ず食べている人向けのカロリー摂取方法です。

このすぐに太る方法は食べ過ぎによる吐き戻しが容易に想像できますし、正直向いていない人の方が多いです。

注意点としては…

短期間で太る方法は「炭水化物」「脂質」「糖分」を大量に含む食品を摂取しなければなりません。
これらは皮下脂肪・内臓脂肪に蓄えられやすい栄養素であり、「脂身の多い肉類」「米」「甘いお菓子」は絶好のカロリー食と言えるのです。

注意点としては、短期間で体重を増やす方法は「生活習慣病」に引き金となる要因を生み出す原因となります。
「心筋梗塞」や「痛風」といった辛い症状を持たらす可能性を秘めているので、短期間で太る方法は注意をして行わなければならないのです。

高カロリーな食材だけをひたすら摂取する必要はありません

上記のすぐに太る方法は何も高カロリーな食材だけをひたすら摂取する必要はありません。
食材に飽きたら「野菜」や「果物」を摂取してもよいですし、一日の摂取カロリーが成人男性の平均を超えさえすれば基本的には何を食べても構いません

僕は21歳のストレス過渡期に「65kg→89kg」まで増大してしまったことがありますが、ただ太るだけなら暴飲暴食が一番の近道となりますし、そこに全く運動を行わないことをプラスすればもっと早く太ることが可能です。
一度10kg程度太ってしまえば、あとは適当に食物を食べているだけでどんどん太っていきますし、太っているので動くことが億劫になり運動を行わなくなるので体重増加にどんどん拍車がかかっていきます。